タイ・ミャンマー進出をトータルサポート ― ニュース&トピックス|海外進出サポート最新情報
HOMEに戻る CSA不動産Website
CSA Real Estate Thailand
タイ問い合わせ ミャンマー問い合わせ

タイ・ミャンマーの最新のニュース、不動産物件情報を発信

[CSA REAL ESTATE] HOME > 海外事業最新ニュース記事一覧 > 《ソンクラーン休暇のお知らせ》

《ソンクラーン休暇のお知らせ》

タイトピックス  15.03.30
平素よりたくさんのお問い合わせをいただきまして誠にありがとうございます。
4月11日(土)から4月15日(水)はソンクラーン(旧正月)のため休業とさせて頂きます。
休業期間中に受付した「メールでのお問い合わせ」は、4月16日(木)以降順次回答させて頂きます。
さて今年もやってまいりました!!! 狂喜乱舞のソンクラーン休暇。
※弊社スタッフも3月後半に入って落ち着きがありません...。←ちゃんと仕事しろよヽ(`Д´)ノ
今年はカレンダーの影響もあって新年(Happy New Year)の休みも長めに取ったタイ。(通常の年は1月2日より仕事の会社も)
それでもやはり盛り上がるのは4月のソンクラーン休みのようです。
去年写真が何点かありましたので貼っておきますね。

ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。                             ※Wikipediaより抜粋

CIMG3848.JPG

公道に大きなバケツを出して、水をタップリと貯めて準備OK!!

CIMG3859.JPG

お嬢ちゃん!! ホースで水掛けちゃってるよ~!?

CIMG3864.JPG

こちらのピックアップトラックは荷台に大きなバケツを2つも積んで臨戦態勢整ってます!! ソンクラーン期間中はタイ全土でこのような水かけ合戦が繰り広げられます。北部チェンマイ県などはかなり長期に亘り祭りが行われているそうですよ。

ソンクラーン行事は4月1日から始まるそうです......。

大人も子供も公道で真剣に水かけあってますので当然交通事故が多発します!! 気をつけてね。

CIMG3846.JPG

こちらは【カオサン通り】の様子です。正直『朝の埼京線』なみの混雑ぶりです。みんな下着までズブ濡れ状態。

CIMG3892.JPG

あと、クセ者がこの【白い粉】←別に薬の話ではないですよ。 聞いたところによると、海の沈殿泥らしいのですがプランクトンの

死骸との話もあって「目に入ったり、傷口に入ったら危険だ!!」というタイ人もいますので担当Sはこの粉からは逃げ回ってました。

ま~、1年に1度のお祭りですし、国が認めているんですからしょうがないですかね!?

これを目当てにタイに来られる日本人の方もいらっしゃるくらいですからね。

CIMG3917.JPG

ホテル&サービスアパートのスタッフもこんな感じでズブ濡れのまま踊り通しです。※一応仕事中...。

こんな水かけ祭り(ソンクラーン)の簡単な注意点を記します。参考にしてくださいね。

①当日貴重品(お金・電子機器等)は水に濡れないようにビニールに入れましょう・・・・誰も責任とってくれません。

②エアコンのないバスには乗らないようにしましょう・・・・・窓が空いてますので水をブッカケラレマス。

ずぶ濡れのままデパート等には入らないようにしましょう・・・・・デパートの店員に怒られます。

④ずぶ濡れのままBTS・MRT等の公共交通機関には乗らないようにしましょう・・・・・風邪を引きます。

※ずぶ濡れで乗っても怒られませんが、エアコンが効きすぎていてとても寒いです。

⑤スーツを着ている(特に欧米人)には水を掛けないようにしましょう・・・・・たまに本気で怒って追いかけてきます。

ルール(あるのかどうか?)を守って楽しいソンクラーン休みにしてくださいね。

※同時期に同様の水かけ祭がミャンマー・ラオスでも行われております。特にミャンマーの水かけ祭りはハードで、担当Sもひどい目に会いました...。

DSC00442.JPG

み、水の勢いが違いますね...。

DSC00440.JPG

これはまだ穏やかな風景、ハードなところは消防車で使う消火用のホースで噴射してました。

何故写真が無いかって!? そこでカメラを出す勇気が無かったんですよ!!

DSC00441.JPG

ここまで来るとタイとミャンマーの違いに気づいた方もいるかもしれませんが、ミャンマーは【掛ける人】・【掛けられる人】の色分けがハッキリしてますよね!! タイはお互いに掛け合うといったところでしょうか!?

ソフトな水かけ(決してソフトではない)をお望みの方はタイに、よりハードな水かけを望まれる方はミャンマーへ。

この時期に出かけてみるのはいかがでしょうか!?

タイ人・ミャンマー人の本質や意外な部分が見れて、進出の手がかりになるかもしれませんよ♪

ニュース&トピックス記事一覧 ページの先頭に戻る 前のページに戻る

海外事業最新記事

ページの先頭に戻る